双極性障害の原因【自己中心的な人も双極性障害に罹りやすい】

サイトメニュー

親切な人もなりやすい

カウンセリング

情緒不安定で自制心も減少

循環気質の人が双極性障害に罹りやすいとされており、主に親切で親しみやすく、他人との協調性を重んじる人たちです。社交的で他者への気配りもできるなど、人間味に溢れているため、社会的にも成功しやすい性格と言われています。ですが循環気質の人は周囲との調和を優先するあまり、自分を抑えることが多く、それがストレスになって双極性障害を引き起こす場合が少なくありません。そのほか、頭を切り替えるのが苦手な人や、一度信じると考えを曲げられない人も、この病気になりやすいのが特徴です。執着心の強い人は凝り性でもあるので、仕事に打ち込んだ時は熱心に取り組む傾向があります。良いことではあるものの、それが続けば常に緊張状態にあるため、心が休まる暇もなく、やがて発病に至るのです。さらに、ルールを厳守するなど、几帳面で真面目な人も双極性障害に罹りやすい性格になります。秩序が保持されている環境では問題ないのですが、状況が瓦解した時に発病しやすくなるので要注意です。特に自分に対して多大な要求をしたり、実現不可能なノルマを課したりしてしまう人ほど発病リスクが上がります。それに対しまして、自己中心的な人も双極性障害に罹りやすく、このタイプの人はルールや秩序に関して、肯定と否定の考えを同時に持っているのが特色です。そのうえ自我が強く、権威などに対する抵抗感も持ち合わせており、エネルギッシュでもあります。これらの特徴を持つ人が必ず双極性障害になるという訳ではありませんが、その予兆を感じたら精神科医に相談しましょう。気分の浮き沈みは誰にでもある普遍的な感情ですが、高揚感とうつ状態が入れ替わりに訪れるのが双極性障害の特徴です。ただし、中には躁状態、もしくはうつ状態の片方だけが顕著に現れる単発性や、どちらか一方の症状だけが定期的に訪れる周期性もあります。そして、躁状態の時は気持ちが高揚しているため、何でもないことでもはしゃいだり、表情がとても明るいのも特色です。気分爽快で体調もすこぶる元気なことから、症状を口にする回数が減り、ともすれば治療の必要性も感じなくなります。さらに、活動的になるので誰にでも声を掛けるようになり、話す時の口調は普段より早く、声も大きくなるのが通例です。自信に満ち溢れているので行き過ぎた言動も増えますが、基本的に自覚がないため、平気で暴言を吐いたり粗暴な振る舞いをしたりします。躁状態の時は妄想をきたすのも特徴で、実は高貴な人物だと自称したり、大金持ちだと錯覚したりすることも珍しくありません。それ故に衝動買いに走った場合は高額な商品でもためらわずに買い、多額の借金を作るケースも双極性障害ではしばしば見られます。本人的には我が家の春を謳歌している気分でも、情緒は極めて不安定であり、欲求を抑えられないのが特徴です。それに対し、うつ状態の時は意欲の喪失をはじめ、自己批判や絶望感に見舞われます。身体症状として呼吸困難や倦怠感を訴えることもあり、症状が重ければ日常生活にも支障が出るのです。そのほか、精神科での治療では抗うつ剤なども処方されますが、双極性障害では気分安定薬や抗精神病薬が主剤になります。

ハート

良いクリニックとは

?型と?型がある双極性障害は、それぞれ有効な治療が違います。?型は躁状態を抑えるためにリチウムなどの気分安定剤を服用し、心理社会的治療法を受けるのが基本です。?型は多様なタイプに分けられるので、その人によって治療法を選択します。

詳しく見る

ウーマン

診察費と薬代が主な治療費

双極性障害とは、気持ちが高ぶり積極的な時期と暗い気持ちが続きやる気が起きない時期が交互にやってくる状態が長期間続く病気です。躁うつ病とも呼ばれており、心療内科や精神科で専門的な治療を受けることで日常生活が送りやすくなります。

詳しく見る

聴診器

うつと躁の状態になる病気

双極性障害を治療したければ、精神科のある病院やクリニックに訪れて、うつ状態と躁状態があることをきちんと伝える必要があります。もしも、休養を取る必要があると診断されたなら、ドクターの指示を必ず守るようにしましょう。

詳しく見る

人気記事

ハート

良いクリニックとは

?型と?型がある双極性障害は、それぞれ有効な治療が違います。?型は躁状態を抑えるためにリチウムなどの気分安定剤を服用し、心理社会的治療法を受けるのが基本です。?型は多様なタイプに分けられるので、その人によって治療法を選択します。

詳しく見る

ウーマン

診察費と薬代が主な治療費

双極性障害とは、気持ちが高ぶり積極的な時期と暗い気持ちが続きやる気が起きない時期が交互にやってくる状態が長期間続く病気です。躁うつ病とも呼ばれており、心療内科や精神科で専門的な治療を受けることで日常生活が送りやすくなります。

詳しく見る

聴診器

うつと躁の状態になる病気

双極性障害を治療したければ、精神科のある病院やクリニックに訪れて、うつ状態と躁状態があることをきちんと伝える必要があります。もしも、休養を取る必要があると診断されたなら、ドクターの指示を必ず守るようにしましょう。

詳しく見る