双極性障害の原因【自己中心的な人も双極性障害に罹りやすい】

サイトメニュー

うつと躁の状態になる病気

聴診器

コントロールできる病気

うつ病にかかってしまうと、気分がつらい状態が長く続くため、精神的な何かしらの病気があると気がつきやすいです。しかし、うつ状態に加えて躁状態もある双極性障害は、普通以上に気分が高揚する期間があるため、病気とは考えずに何も問題がないと感じてしまうケースもあります。躁状態はやる気や自信をみなぎらせてくれるため、『病気かもしれない』という後ろ向きなことが考えられなくなってしまうのです。しかし、それらのやる気や自信は病気が原因で発生するもので、自身の力量やキャパシティなどを考慮しておらず、一切の根拠がありません。自分の手に負えないことにまで手を出してしまうため、大失敗に繋がる可能性があります。それでは、人生を自分自身でコントロールするのが難しくなるので、きちんと治療を受けて、バランスのよい状態にしてもらいましょう。なお、双極性障害の治療を受けたいなら、精神科がある病院やクリニックで診察してもらえます。難病指定されているような特別な病気ではないので、ほとんどの精神科で診てもらうことが可能です。ただし、双極性障害の方がうつ状態のときに病院やクリニックに訪れた場合、きちんと症状を伝えないと、ただのうつ病と診断されてしまうケースがあります。正しい診断をして欲しいなら、うつ状態の暗い気分が回復すると代わりに気分が高揚する躁状態になることを、ドクターに伝えなければいけません。ドクターは患者から聞いた症状を元に判断するので、少しでも心当たりがあるのなら、間違っていてもよいので話してみましょう。双極性障害の治療をする場合は、完治を目指すのではなく、コントロールができる状態を目指すケースも多いです。コントロールするためには処方薬も大切ですが、心のバランスを元に戻すために一定期間の休養も必要となります。その休養はただ休めばよいものではなく、きちんとした医学的根拠の元で行わなければ効果がありません。ちなみに、医学的な根拠の元での休養は、簡単にいうと治療を受けているドクターの指示を忠実に守るということです。休養が必要なら、ドクターから具体的な指示があるので、その通りにきちんと従う必要があります。双極性障害の症状である気分が高揚する状態は、病気が治ったと感じてしまうこともあるため、自分の判断は絶対に信じないようにしましょう。ドクターの指示を無視した休養の中断は、これまでの成果をなかったことにして、さらなる悪化を招いてしまう可能性すらあります。なお、双極性障害に関わらず、心のバランスを崩してしまう病気の場合は、理解を示さない方をそばに寄せ付けないことも大切です。病人のことを考えて、善意でいろいろとやってくれる方もいますが、そこに双極性障害の知識が伴わなければ、残念ながら回復の手助けにはなりません。心の病気は精神論や感情論でどうにかなると考えている方もまだまだいますので、そのような方はできるだけシャットアウトして休養を取るようにしましょう。心の優しい方は、人の善意を無駄にしたくなくて、すべてを受け止めようとするかもしれませんが、それは治療にとってよい効果を及ぼしません。