双極性障害の原因【自己中心的な人も双極性障害に罹りやすい】

サイトメニュー

診察費と薬代が主な治療費

ウーマン

メンタルの安定をはかる

精神的な病気の中でも、双極性障害は感情の起伏が激しいだけの人と勘違いされやすく、病気であることに気づかれにくくなっています。一般的なイメージではうつ病というものは、気分が暗い状態が続き不眠症などを患うという印象が強い傾向にあります。そのため、積極性の高い時期と暗い気持ちの時期を繰り返す双極性障害に気がつかずに、症状が進んでから周囲が気づくケースが多い病気です。治療にかかる費用としては、精神科も心療内科もほとんど同じ金額で1回の診察につき5,000円から1万円前後が相場です。これらの治療費の内訳としては、診察にかかる費用は1,000円から2,000円以内で、薬の費用がそれ以外の費用は薬代がメインであると言えます。不眠の傾向がある場合には、睡眠を促す薬をメインに精神面を落ち着ける効果の高い薬を処方されるのが一般的です。症状によって薬の数は違いますが、1度に処方できる薬の数には限度があるため治療費などの合計金額はおよそ1万円以内となります。薬の種類は、抗うつ剤以外にも漢方薬を取り入れているクリニックも増えており、希望する場合にはあらかじめ漢方薬の取り扱いがあるか確認しておくと安心です。クリニックに通う際には、診察費や治療費用のほかにも交通費を計算しておく必要があります。患者の体調によっては、電車に乗って通院するよりも自家用車やタクシーを利用することになるため、いくつかの移動手段を検討しておくとよいでしょう。1ヶ月に1回のペースで通院することになるので、外出や移動が苦手という人の場合はアクセスしやすい場所にあるクリニックを選ぶと長期間の通院がしやすくなります。もっとも効果的な双極性障害の予防策は、自分自身が双極性障害であると自覚をする認知療法であるとされています。他人から見てうつ病であると気づかれにくい双極性障害を治療するには、自分自身の気持ちを自己管理することが大切だからです。明るい気持ちになったり積極的な気持ちになれたりするのが病気の特徴であるため、他のうつ病よりも前向きな気持ちを取り入れることも可能であると考えられています。暗い気持ちになりそうな時には、落ち込みすぎないようにリラックスをする時間を作るなど日常生活で工夫をこらしていくことが重要です。公園などでウォーキングしたり、ゆったりとした音楽を聴いてのんびりする時間を持つように心がけると精神面が安定しやすくなります。規則正しい生活を送ることも、うつ病の症状である不眠などにならないコツです。眠くならなくても決まった時間になったら布団に入るなど体を休めるように気をつけることで、健康な心と体を維持しやすくなります。人間関係で悩みがある場合には、何気なく相手との距離を置くなどして揉めないように気をつけるとトラブルを起こしにくくなります。また、無理に明るく振舞ったり他人に気を使いすぎたりするのもうつ病を発症するきっかけになるので、苦手なことを無理に継続しないようにするのも効果的です。プレッシャーにならないような簡単な趣味を持ったり、気分転換に旅行に出かけたりするのもオススメです。悩みがある場合には、1人で抱え込まずにカウンセリングなどを早期に受けるようにすると、うつ病が発症する前に気持ちが回復しやすくなります。