双極性障害の原因【自己中心的な人も双極性障害に罹りやすい】

サイトメニュー

良いクリニックとは

ハート

タイプに合わせて治療する

精神科や心療内科で双極性障害の治療が行われますが、全国に1万ヶ所ほどあるため、特に選択肢の多い都市部に住んでいる人はクリニック選びが大変かもしれません。特別な医療機器などを必要とせず、高額投資が要らないので、スキルの少ない医師が開院している場合もあります。通院のしやすさは重要なポイントであるものの、医師のスキルについては調べておきたいところです。まずホームページをしっかりと作りこんでいるクリニックが良く、治療方針などについて院長自ら説明していたり、精神病についてコラムを載せていたりするところがより安心です。人気があるクリニックは治療の腕が良いことがうかがえますが、中々予約が取りにくい場合は考えた方がいいかもしれません。治療の途中で症状が悪化することもありますから、急な診察にも対応してくれるクリニックだと心強いです。そして最初のカウンセリングでは、医師との相性や治療の方法、対応などについてチェックしたいところです。精神病では話をじっくりと聞くことが大切なので、話の腰を折らずに耳を傾けてくれるか、否定せずに受け入れてくれるかなどをチェックしましょう。治療は大抵、薬物療法が行われます。特に双極性障害の内、双極?型障害ではリチウムなどの服用による早期予防が大切です。一方、双極?型障害では?型と同じような治療が有効なこともあれば、精神療法に重きを置く方が良い場合もあります。ですから、早い段階で病気のタイプを診断できる医師であれば、信頼して任せられるのではないでしょうか。双極性障害は双極?型障害と双極?型障害に分けられ、前者が昔から躁うつ病といわれてきた病気です。躁状態とうつ状態が交互に襲ってくるのが特徴で、再三の躁状態は社会的ダメージを被ることが多いので、再発予防に重点を置きます。リチウムやラモトリギンなどの気分安定剤や、オランザピンやアリピプラゾールなどの非定型抗精神病薬による薬物療法が効果的です。特にリチウムが基本の薬となっていますが、副作用があるため、数ヶ月に一度血中濃度を測定するために採血を行います。唯一保険が利くラモトリギンはひどい発疹が出る人もいるので、少しずつ投与するのが一般的です。さらに、心理社会的治療法によってうつ状態の辛さを早く解消してあげて、自殺の予防を図ります。心理社会的治療法は心理教育なるもので、自分が病気だということや病気の内容を理解し、受け入れることを重点にします。双極?型障害の治療は、コントロールしやすい双極?型障害と違って少々厄介です。入院が必要なほどの躁状態にはならないのが特徴としてあり、診断が広がってきた面もあるからです。人によっては?型寄りの?型であったり、個人的な問題寄りの?型や反復性うつ病寄りの?型だったりして、診断を難しくしています。?型寄りの?型であれば?型の治療に則り、抗うつ剤を使うことはありません。しかし、反復性うつ病寄りの?型では気分安定剤と共に、新しいタイプの抗うつ剤である選択的セロトニン再取り込み阻害薬を使うことがあります。双極性障害は?型も?型も、対人関係社会リズム療法が効果的です。これは対人関係に対処できるようにするための療法と生活リズムを整えるための療法を併せたものです。